検索
  • Japan お産サポート

11月1日オンラインシンポジウム「いま!お産から子育てサポート」のご案内



 New Normalの生活に少し慣れては来たけれど、日本も世界もCovid-19の感染拡大のニュースが止むことはありません。 

 お産サポートJAPANでは、オンラインシンポジウム第2弾として以下のシンポジウムを企画しました。日本各地の皆様と顔を合わせて議論できればと思います。


2020年11月1日(日)10:00~12:00

シンポジスト一覧

「寄添いケア」 毛利助産所:毛利多恵子氏

「多胎児支援その現状」 ひょうご多胎ネット:天羽千恵子氏

「子どもがいるからできる 居場所づくり]」NPO法人ままとーん:中井 聖氏

「コロナ禍の妊娠・出産・子育て」 お産サポート JAPAN:吉田樹里氏


参加費:無料


お申し込み

以下の①ー③を記載の上、info@osan-supportjapan.netまでお申し込みください。

①お名前 ②お住まい(市町村まで)③所属(学生) を記載してください。

お申込みいただいたメールアドレスに Zoom の URL、パスワードをお送りい たします。





2回の閲覧

最新記事

すべて表示

2018年総会&講演会の開催間近です。

7月7日(土)13:30-17:00 聖路加国際大学(アクセスはこちら)にてNPO法人お産サポートJAPANの総会と講演会が開催予定です。 NPOお産サポートJAPANの課題の一つに、女性の健康問題があります。 その中で薬害の当事者の声を聴く機会として、前回「HPVワクチン被害者の声を聴く会」を開催しました。 その後「世界のHPVワクチン被害状況」を知る機会となった国際シンポジウムに参加しました。

2017年度総会&ワークショップのお知らせ

お産の未来を考える ワークショップ 講師:浦山絵里さん/ひとづくり工房esuco(ゑすこ)代表 看護師 ナースファシリテーター 生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー 私たちNPО法人お産サポートJAPANは、地方・地域でも女性中心のマタニティケアが担保されるように、政策案の提言ができることを目指しています。昨年12月の会は、①現在の周産期サービスは集約化されたうえに統合システムの枠外にあり

  • Facebook - Black Circle

お産サポートJAPAN 事務局:

〒185-0021

東京都国分寺市東元町1-38-32   

FAX:事務局042-326-2414

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now